から揚げ屋への道

唐揚げ研究~国産と外国産~

こんばんわ~ダツカラです~

今回は国産と外国産の違いを検証してみました。(あくまで主観でございます)

先日、某スーパーをフラフラしていたら鶏肉コーナーに

・ 国産(静岡産)もも肉 100g当たり 98円

・外国産(タイ産)もも肉 100g当たり 48円

の2種類がありました。

外国産安っ!!!

商売を始める上で材料の値段は超重要ポイントです!!これは食べ比べをせねば!と検証に至りました。


今まで比べてみたことがなかったので気づきませんでしたが外国産の方が赤色ですね。それと外国産は触った感じがベタベタしてました。*ドリップとはまた別な感じでした!

*ドリップ…水分、たんぱく質、うまみ成分が主に含まれています。特に冷凍の肉・魚を解凍した後に出やすいものです。ドリップが出てしまった食品は、味や栄養などに大きな変化が起こり、品質の低下につながる。

こんな感じに仕上がりました。見た目の違いはなほとんどなし。

普段国産しか食べてないせいか外国産を食べたときに少し臭みを感じました。ただ、食べ比べないとわからないレベルでしたね。今回はタイ産を頂きましたが日本に輸入される鶏肉はほとんどブラジル産みたいなので次はブラジル産も食べてみようと思います^^

ついでに衣も小麦粉のみ小麦粉+片栗粉(割合は1:1)に分けて検証しました。衣に関してはまた衣のみでいろいろ検証を重ねたいので今回はさらっとまとめます。

ぶっちゃけて言うとあんまり違いがわからなかったです(バカ舌で申し訳ないです。)敢えて言うなら混ぜたほうが少しカリカリが増しておいしい(-_-)…かな?

◎まとめ

・味は国産!値段は外国産!でも思がっていたほど味に開きはなくて、美味しい外国産を探すのも面白いと思いました。堂々と外国産の良さを打ち出す唐揚げ屋もあり!かなと…

・衣は全然手ごたえがないのでまたやります。!!

おまけ