から揚げ屋への道

堕落していた時ときの唐揚げ🐓

こんばんわ、残暑は残りますがすっかり秋ですね(‘ω’)

令和初の秋、食欲の秋、唐揚げの秋です。

ここ2か月間、だらだらしてはいましたが唐揚げは揚げており、友だちの家で揚げたり、家での回数も増やしてはみました。が…

飽きる!!!

試行回数を増やしすぎると唐揚げを見るのも嫌になりましたwww

予想はしておりましたが得てして理解と体験とは別物です。正確には味以外にも揚げているときの油のにおいが食欲を減退させている気がします。

肝心の味の方ですが普通に美味しいです!ただまだお金を出して買ってもらえるクオリティではないです。こんなかんじ…

小学校の時に食べたアーモンドだったり、卵を混ぜるバッター液にしたり、卵の割合増やしたり、ココナッツまぶしたり、塩ニンニクにしたりと色々とやりました。

商品化にはまだ遠いですが色々発見もありました。

中でも実感が大きいことは味をつける順番ですね、当初はあまり重要視してはいませんでしたが試作を重ねるうちに全然味が変わることに気づきました。

最初はしょうゆ・ニンニク生姜・酒に漬け込んだものに衣をつけていましたが味がぼやけるようななんとも言えない味でした(-_-)まずいわけでもないです、

それから、塩コショウ→ニンニク・生姜→酒・醤油→衣のように工程分けて味を付けたら味が大分はっきりとしておいしくなりました(‘ω’)うまい

↑のは実はCOOKPADさんのお力をお借りしました。本だったりネットだったり人だったりのやり方試しましたが個人としては味が決まるのと簡単で応用が利くためこの下多処に落ち着きました。

こんな小さい発見や確認が大切だなと最近思います。昔は色々鵜呑みにしてしまい知った気になって行動までつながりませんでした。反省です( ;∀;)

行動がんばります、おやすみなさい。